太陽光発電用の土地に必要な条件

太陽光発電は、企業の資産運用の手段としても人気が高まりつつあります。太陽光の架台を設置する土地選びも、ビジネスの成功に欠かせません。土地選びの一例を挙げたいと思います。

土地選びの条件

家屋や建物が建設される土地とは違い、太陽光発電システムや架台が設置される土地選びに必要な条件は、周囲に太陽光を遮るものがないということです。発電力のあるパネルを設置したとしても、太陽光が邪魔される土地では期待以上の発電量が見込ません。周囲に森林や高い建物などがない土地を中心に選べば、設置後に後悔することはありません。それに加え設置前の地盤工事などの必要がないかという点を予め確認すれば、お得に良い条件の土地を購入することができるでしょう。また、太陽光発電システムや架台を周りの環境から守る対策も考慮した土地選びを忘れずに行いましょう。外部からの太陽光発電システムや架台に対するトラブルを未然に防ぐことで、メンテナンスに掛かる費用等を軽減することが可能です。

買い取りか?賃貸か?

企業向けの太陽光発電用の土地を探す際には、買い取りかそれとも賃貸かに分かれてきます。それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、未来永劫発電による利益を得たいなら、断然買い取りをおすすめします。賃貸の場合には、所有者の事情により土地を明け渡さなければいけないことも想定されます。また、経済動向によっては賃料の値上げも発生するおそれがあります。その点、買い取りの場合には、購入費用こそ多大な出費があるのですが、購入後は土地の活用可能範囲内で好きなように扱うことができます。

太陽光発電による収益を最大限に得るためには、防犯を徹底することも必要です。キャムズで販売している太陽光発電架台用のフェンスがあれば、野生の動物や外部からの侵入を予防できます。太陽光発電システムはメーカーによってもパネルの種類や発電量が違う点を踏まえ、土地選び、防犯などを合わせて利益をシミュレーションしてください。キャムズでは、オリジナル製作の防犯柵を扱っているのですが、太陽光発電システムだけでなく、駐車場などでも活躍します。ご自身での取り付けも可能ですので、価格等が気になるという方は見積もり相談をご利用いただければ幸いです。