農作物や家菜園において、野生動物による被害は深刻です。見よう見まねで柵を張ってみたけど上手くいかなかったという方も多いと思います。農作物や家庭菜園の動物被害を防ぐ方法を紹介していきます。

動物の正体・生態を知る

まずは、被害を出している動物の正体を確認することから始まります。足跡や爪痕、食べ方や侵入方法は動物によって異なり、痕跡から正体を知ることができます。自動撮影カメラや赤外線センサーカメラを活用すれば、動物の動きや行動内容も知ることができます。

また、動物によって行動特性や繁殖、群れ性なのかが違います。動物の生態や習性を知り、それに合った防止策を行います。キャムズでは、動物防止柵以外にも防水・防塵仕様の赤外線センサーカメラもご用意しております。

動物が嫌がる環境を作る

動物は農作物だけが目的ではなく、放置された作物を餌にしたり茂った草地を隠れ家にしたりします。集落内の食べ物のカスや供えてあるお菓子、あぜ道の雑草などが動物の餌になります。そのため、農作物を収穫した際は不要な作物を放置せず、お墓参りのお供え物は持ち帰り、あぜ道の雑草は定期的に刈りましょう。また、藪が生い茂った草地や竹林、森林は動物の隠れ家になります。こちらも定期的に手入れすることが大切です。

動物防止柵で侵入を防ぐ

柵を張ったけど効果がなかった経験を持つ方は多いことと思います。柵を設置するには動物の行動特性を知り、柵を選ぶ必要があります。イノシシや鹿は柵の下をくぐって通り抜けようとします。また、動物は茂みに隠れて侵入場所を探そうとします。そのため、柵は隙間を防ぎ、柵の近くに茂みがあればなくしておきます。

動物防止柵をお探しなら、キャムズをご利用ください。キャムズでは、設置場所の状況に適した動物防止柵をご用意しています。急勾配地や地面の起伏が大きくデコボコした場所、耐雪仕様や豪雪地仕様、屋根付きフェンスなどがあります。強度・耐久性・施工性に優れており、地域のみなさんで簡単に設置できるように設計されています。安い価格となっていますので、一度お試しください。