家族の一員とも言える愛犬にたくさんの愛情を注いでいる方も多いと思います。しかし、愛犬も動物である以上、見えないストレスを受けています。ストレスを受け続ければ体調が悪くなり、病気や異常行動などが発生する可能性も考えられます。ストレスを少しでもなくすために、散歩やスキンシップの時間を増やしましょう。

犬とストレス

愛犬に優しくしているつもりでも、実はストレスを与えてしまっていることもあります。例えば、しつけや訓練をしている時に罰を与えたり、ケージに入れすぎたりするのもストレスに繋がりかねません。犬のストレスは2つあり、物を噛んで壊す、ひたすら室内を歩き回るなどは「分離ストレス」が原因と言われ、下痢や嘔吐などは「オーバーストレス」が原因と言われています。分離ストレスの兆候が見られたら、無理のない程度で散歩をしましょう。散歩は犬にとって良い運動になる上に、飼い主とのスキンシップが増えて、ストレスが減りやすいのです。

庭に柵を設置して安全に遊ばせる

散歩に行きたくても仕事が忙しく、時間を確保できない方も多いのではないでしょうか。そのようなときは、に放してたくさん遊ばせてあげることをおすすめします。庭で自由に動けるだけでも運動になり、ストレスの緩和になります。庭で遊ばせる場合は、柵やフェンスがあるドッグランのような環境を作ると、愛犬の逃走防止だけでなく、他の犬や動物が侵入しないための防止柵にもなります。

設置のポイント

柵を設置する際は愛犬の大きさによって、隙間の幅を変えることがポイントです。例えば、小型犬なら隙間を狭くすることで逃走を防止できます。大型犬なら隙間をある程度広くとり、風通しを良くすることで愛犬も気持ちよく運動できるでしょう。ただし、ジャンプして逃げないように高い柵にすることが大切です。

キャムズではドッグラン用の柵や、動物から農作物を守る防止柵などを安い価格で提供しています。自分で簡単に設置できるので、愛犬が遊べる庭にしたいなら、お気軽にキャムズまでご相談ください。