赤外線センサーを備えたトレイルカメラは、人が発する赤外線を感知して静止画や動画が撮れるので、防犯アイテムとしてピッタリです。ここではトレイルカメラを設置するのにおすすめの場所をご紹介します。

自宅の庭にゴミを捨てられたり、水道の蛇口が開けっ放しにされたりなど、個人宅で起こるトラブルは様々です。また、外で飼っている愛犬にいたずらをされるケースも少なくありません。大切な家族の一員である愛犬に何かあっては遅すぎます。このような迷惑行為を防ぐための対策として、トレイルカメラの設置をおすすめします。玄関と庭が隣接している住宅も多いため、空き巣などの犯罪への抑止力にもなります。

駐車場

自宅と駐車場が離れていると音が聞こえにくく、当て逃げをされたり、車上荒らしにあったりする可能性も否定できません。また、自宅敷地内の駐車場でも、車上荒らしなどのトラブルが発生することもあるのです。トレイルカメラを設置する際は、車全体がしっかり映る角度で目立つ場所に設置します。犯人にカメラの存在を強調でき、犯罪を未然に防ぎやすくなります。

屋外コンテナ

増えすぎた荷物を保管する物置として、自宅の敷地内にコンテナを置いているご家庭も多いと思います。トランクルームなどのサービスとは違い、自宅のコンテナは当然ながら自分で管理する必要があります。しかし、十分な防犯対策が施されていないケースも少なくありません。迷惑行為として敷地内への侵入も聞かれます。荷物の盗難を防ぐためにもトレイルカメラを設置し、防犯性を高めましょう。

トレイルカメラの設置は犯罪の抑止力となるのに加え、万が一犯罪に巻き込まれた場合には証拠となり、解決に繋がりやすくなります。

キャムズがご提供するトレイルカメラは、待機モードで最大6ヶ月使用が可能です。また、乾電池12本、SDカード、日本語マニュアルも付属しており、到着後、すぐに使用できます。大切な家族やペット、車、荷物などの安全を守るのに、カメラは大きな役割を果たします。防犯カメラの設置をご検討の際は、お気軽にキャムズまでお問い合わせください。