TEST-6 キャムズWMパネル 鋼線の引張強度試験 *後メッキ(後漬け・ドブ)加工

 

施日:2012年4月6日  検査場所:滋賀県東北部工業技術センター  
使用検査機械:オートグラフAG-250kNX(島津製作所) 

 

(JIS規格 JIS G 3547)

JIS H 2241に基づき、試験片の一方と一方を万能材料試験機で上下方向に引っ張り最大荷重を測定しています。 

 

2015(346)   2015(348)2015(347)
  WMフェンスの鋼線の引張強度がJIS規格:JIS G 3547において、線径φ4.0mmの基準値である390N/mm2を上回っていることを確認しました。

 

 

供試体 最大荷重(kN) 溶接点せん断強さ(N/mm2)

キャムズWMパネル

線径4.0mm(現行品)

(後メッキ加工)

7.83130 623.13409
8.13735 647.48639
平均 7.98432 635.31024

 

供試体? 最大荷重(kN) 溶接点せん断強さ(N/mm2)

キャムズWMパネル

線径4.0mm(旧製品)

(先メッキ加工)

5.78654 460.43318
平均

 

 

 


 

TEST-1 キャムズWMパネル 簡易強度実験

TEST-2 キャムズWMパネル コーナー部強度実験
TEST-3 キャムズWMパネル 結束の強度実験

TEST-4 キャムズWMパネルシステム 溶融亜鉛メッキ試験(JIH H 0401)

TEST-5 キャムズWMパネル 溶接点せん断強度試験 *後メッキ(ドブ・後漬け)加工