お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983
動物の侵入防止柵を設置するメリット

動物侵入防止柵設置するメリットをご紹介します。動物防止柵の設置をご検討中の方は、ぜひご参考ください。

工場で起こるトラブルを未然に防ぐ

工場で起こるトラブルを未然に防ぐ

安全性が重視される工場ですが、山中などにある場合、猫や猿などの動物が侵入し、不測の事故が起こる可能性もゼロではありません。場合によっては機器が壊れたり、近隣地域に悪影響を与える可能性もあります。防止柵をうまく活用することで、野生動物から農作物を守るだけではなく、工場の安全を守ることも可能なのです。

また、不法投棄を防ぐことができるというメリットもあります。不法投棄は美観を損ね、環境汚染をもたらすなど、周辺に様々な悪影響を与えます。現在お悩みの方はもちろん、これらを未然に防ぐためにも防止柵を設置することをおすすめします。

耕作放棄地の管理がしやすくなる

近年、耕作放棄地と呼ばれる活用されない土地が増えていますが、その背景には高齢化や後継者不足によって、土地が管理しにくくなっていることが挙げられます。

土地は耕作しないと野草や低木がすぐに生い茂りますが、荒れた休耕地や耕作放棄地は野生動物の餌場や隠れ場になりやすく、そこから周辺の田畑にイノシシや鹿など野生動物の被害が広がる可能性もあります。そんな中、近年注目されているのが家畜放牧です。放牧は土地の荒廃を防ぐとして全国で普及の動きが広まっています。防止柵を活用することで管理がしやすくなり、負担も減ります。

補助金が活用できる可能性も

補助金が活用できる可能性も

野生動物による農林水産被害が深刻化していることから、自治体が防止柵の設置に関して補助金を用意している場合があります。
詳細な条件は各自治体によって異なるため、事前にホームページなどを確認しましょう。

動物防止柵を販売するキャムズでは、設置場所に最適な防止柵・フェンスをお安い価格で提供しております。種類も豊富で、平坦地や急勾配、耐雪・豪雪地仕様や門扉タイプ、ご自宅のでドッグランとして活用いただけるタイプもございます。また、防止柵のデモ設置が可能なケースもありますので、設置をお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

Top