お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983
太陽光発電を導入する際に気をつけること

「地球に優しいエネルギー」「非常用の電力源」「電気の自給自足」など、注目を浴びている太陽光発電ですが、太陽光発電を導入する際には気をつけなければいけないポイントがあります。

太陽光発電を設置する場所に気をつける

太陽光発電は、その名の通り太陽の光によって電気を作り出します。そのため、太陽光を集めづらいところに設置しても、期待する結果が得られないと考えられます。太陽光発電を導入する初期費用に見合った結果が出せるよう、取り付ける場所は気をつけなければいけません。

吹き飛ばないように気をつける

台風・突風・竜巻など自然災害により、太陽光発電システムのパネルが飛んでしまうことがあります。吹き飛んだパネルが人にぶつかり怪我を負わせてしまったり、車や建物などに当たり傷つけてしまったりしては大変です。吹き飛ばないよう取り付ける際や、取り付け後に対策しておく必要があります。太陽光発電所フェンスで囲っておくと、もしパネルが飛んでしまった場合でも防御策となるでしょう。

メンテナンスを怠らないよう気をつける

太陽光発電は、取り付けたら終わりではありません。継続してメンテナンスを行う必要があるということをあらかじめ知っておく必要があります。メンテナンスを怠れば効率よく電気を作り出せないようになってしまうおそれもありますし、火災事故などに繋がるケースもあります。

人に被害が及ばないよう気をつける

太陽光発電を導入する際に気をつけたいのが、安全面です。パネルが飛んでしまい人的被害を及ぼすことに対しても気をつける必要がありますが、子供が興味本位に近づきいたずらをして感電してしまうことなどがないよう気をつける必要もあります。いくら「近づくな・危険」などと書いておいても好奇心旺盛の子供には通じないでしょう。余計に近づいてみようと思う子供もいるかもしれません。太陽光発電所フェンスを取り付け、近づけないように対策をとることをおすすめします。

太陽光発電所フェンスの設置をお考えなら、様々なフェンスの製造販売を行っているキャムズの太陽光発電所フェンスをご活用ください。キャムズの太陽光発電所フェンスはDIYでも美しく設置ができるよう作られており、安全面や強度の面も考えられ開発・製造されています。太陽光発電所フェンスについての詳細や価格についてご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

Top