お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983

太陽光発電を導入するにあたり架台を設置しますが、この架台の選び方や設置方法で太陽光発電が効率良く行えるかどうかに影響がでます。より効率良く太陽光発電を行うためにも、架台を選ぶ際と設置する際のポイントをご紹介しますので、お役立ていただければ幸いです。

設置する場所によって架台を選ぶ

設置する場所によって架台を選ぶ

架台には種類があります。大まかに分けて地面用架台・屋根用架台があり、設置する場所によって選びます。またキャムズでも取り扱いのある駐車場に適した架台もあります。デザイン・強度・耐風・エコ・安全を考えたもので、電気自動車やハイブリッド車に対応するコンセントも取り付けられます。

架台の素材で選ぶ

架台を製作しているメーカーからは、様々な種類の架台が販売されていますが、素材はほとんどが「スチール製」か「アルミ製」です。スチール製は価格が安く強度もありますがサビに弱いので、サビ対策をとる必要があります。アルミ製は合金材を使用しているものであれば強度もありサビにも強く耐久性があります。スチール製やアルミ製の他には、コンクリート製もあります。

太陽光を集めやすい場所に架台を設置する

太陽光を集めやすい場所に架台を設置する

できるだけ太陽光が当たるような場所に設置しましょう。また、架台の角度によっても太陽光の当たり方は変わるので設置する際は気をつけます。

» 屋根の上

周りに太陽光を遮るような建物などがない場合、屋根の上は太陽光を集めるのに適した場所です。

» 駐車場

駐車場の場合も、周りに木や建物など太陽光を遮ってしまうものがなければ、太陽光が集めやすくデッドスペースの有効活用としておすすめです。

» 広大な土地

山や広場など遮るものがない広大な土地では太陽光が集まりやすく、太陽光システムを取り付けるのにおすすめです。

太陽光発電の導入に伴い架台の設置を行う際は、キャムズをご利用ください。キャムズでは、様々な種類の架台や架台部品を取り扱っております。アルミ製・支柱式・三角形の地面架台や重ね式の屋根用架台、架台部品などをお探しの方、架台取り付けについての詳細や価格などが知りたい方は、キャムズまでお気軽にご連絡ください。ホームページの「お問合せ・ご相談フォーム」からもお問い合わせいただけます。

Top