お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983

太陽光発電システムの発電率に関係する、「日射量」についての知識をご紹介します。環境保護活動に積極的に取り組む企業が増えている今だからこそ、賢く導入してみませんか?

太陽光を有効的に活用するためには

太陽光を有効的に活用するためには

太陽光発電システムによる売電や節電を期待するなら、日射量についてもあらかじめ知っておく必要があります。日射量とは、太陽から届く光の量です。
太陽光発電システムは、日射量が十分でなければ期待するほど発電しません。
現在ウェブ上でも「日射量マップ」が公開されていますので、パネルの設置場所を決める際、参考にしてみてください。

日射量=発電量ではない!?

日射量=発電量ではない!?

「日射量マップ」を参考に太陽光発電パネルを設置したとしても、場所によっては期待通り発電できないケースもあります。これは、太陽光パネルの性質が原因です。太陽光パネルは、表面温度が高いほど発電力が低下するという性質を持っています。真夏の35度を超える地域ですと、日射量が多ければ多いほど、逆に発電能力が劣ってしまうため、期待するほど発電しないことがあります。これを防ぐためには日射量の多い温暖な地域よりも、寒冷な地域を選ぶことで一年中安定した発電量を見込めるのではないかと思います。

発電システムの故障を防いで、安定した発電量を期待しよう

安定した発電量を実現するなら、防犯の意味でも「太陽光発電所フェンス」の設置をおすすめします。企業向けの太陽光発電所に選ばれるのは、人里離れた山や広大な土地がある場所です。頻繁に人の通りがあるわけではありませんが、動物が出現する可能性は非常に高い場所がほとんどです。もしも何らかのタイミングで外部からの侵入者により故障が起こってしまえば、修理だけでも高額の費用が掛かってしまいます。太陽光発電所フェンスを設置することで、遠方に太陽光発電システムを設置しても安心ですのでぜひご検討ください。

キャムズでは、DIYにて取りつけが可能な「太陽光発電所フェンス」を販売しております。製造工程にて特殊な加工をすることで、軽くても丈夫なフェンスが完成しました。価格など、ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。迅速な対応を心掛けております。

Top