お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983

太陽光発電所フェンス設置を検討されている方はいらっしゃいませんか。フェンスの購入は、決して安くはない買い物と言えます。安心安全の品質確かな商品をお求めでしょう。そもそもなぜ、フェンスを設置しなくてはならないのでしょうか。こちらでは、太陽光発電所フェンスを設置する必要性についてご紹介いたします。

法律での義務

50kW以上の太陽光発電所にフェンスを設置することは、電力設備技術基準の解釈の38条に記載されています。電力会社からフェンスを設置するように言われることもありますが、これは電力会社の条例により義務付けられているためです。
太陽光発電を事業として行う場合は、利益を残すことを目的としています。そのためには、フェンスの設置を規定通り行い、電力会社から太陽光発電所として認めてもらうことが必要です。

事故を防止

子供は珍しい物に興味を示します。そのため、空き地だった場所に突然太陽光発電所が設置されると、いても立ってもいられないやんちゃな子供はたくさんいます。この際に恐ろしいのが、事故が起こってしまうということです。もちろん、簡単には危険な箇所に触れることはできませんが、子供は大人が予想できないような行動を起こすものです。フェンスを設置することで、遊び半分の子供の侵入を防ぎ、感電の危険性から守ることにも繋がります。

イタズラや盗難対策

太陽光発電所を設置することで負うリスクの中に、火災、盗難、イタズラがあります。このリスクを防ぐために、法律でフェンスの設置が義務付けられています。イタズラは鳥による被害が多いようですが、好奇心旺盛な子供が行う可能性も少なからずあります。盗難は間違いなく人間による行為でしょう。フェンスを設置することにより、盗難やイタズラから発電所を守ることができます。建設工事の現場に置いてある重機や工事用資材、工具などの盗難防止にも効果的です。

キャムズでは、太陽光発電所フェンスはもちろん、獣害防止、不法投棄防止、侵入防止用の柵など、様々なフェンスを製造販売しております。強度・耐久性・施工性に優れた品質確かな商品を、自信を持ってお届けしています。
DIYで簡単に設置することができるので、料金や工期、フェンスについてお困りの方は、気軽にお問い合わせください。


Top