お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983

太陽光発電に必要なスクリューや架台をお探しの方

太陽光発電に必要なスクリューや架台をお探しの方

太陽光発電に必要なスクリュー架台をお探しの方は、【キャムズ】が提供する製品やサービスをお役立てください。効率よく太陽光を活用するためには、山や高層の建物の影を考慮したりソーラーパネルの角度を調整したり、様々な工夫が必要です。

【キャムズ】の太陽光発電関連資材は強度や耐久性に優れており、メガソーラーなどの大型施設に適した地面架台は、シンプルな設計でできるだけ向上で組み立てて出荷するため、現地での施工時間が短縮され人件費の削減にも繋がります。

傾斜にも対応しており、サイズのカスタマイズやオーダーも可能です。素材も様々で住宅やカーポートに適した架台もございますので、まずはお気軽にご相談ください。

太陽光発電の起源

太陽光発電に欠かせない太陽電池が開発されたのは、今から60年以上前の1954年です。太陽光で電気が発生することを発見したのは1839年のフランスの物理学者で、その後1883年にアメリカの発明家によって太陽電池の起源となるセレン光起電力セルが発明されますが、当時の変換効率は1~2%程度で、実用化には程遠いものでした。

それからしばらくは進歩がありませんでしたが、1954年にアメリカの研究者が変換効率約6%シリコン太陽電池を発明し、実用化への期待から真剣に研究が重ねられるようになります。1958年には太陽電池を搭載したNASAの人工衛星が打ち上げられ、実用化されたことからこの年を太陽光電池元年とも言います。日本での開発もこの頃に開始され、現在では企業から個人まで広く普及しています。太陽光発電関連資材が必要な際は、ぜひ【キャムズ】にお任せください。

50kW以上の発電所で防犯のための柵やフェンスを設置するなら

50kW以上の発電所で防犯のための柵やフェンスを設置するなら

50kW以上の発電所では、フェンスの設置が法律で義務付けられています。盗難やいたずらといった防犯になるのはもちろん、人だけではなく獣害の侵入を防いだり不法投棄を阻止したり、発電効率の低下を回避する役割も担います。

リスクを低減するという意味では、50kW未満の発電所でも柵やフェンスの設置が理想的です。フェンスの開発に特化している専業メーカーの【キャムズ】では、クオリティが高く施工性にも優れたフェンスを提案しています。

発電所を簡単確実にセキュリティ強化するには、発電所内から電源を供給することができるワイヤーブレーカーが適しています。かみそり有刺鉄線などに忍ばせたワイヤーブレーカーを切断するとアラームを発し、切断後に繋げ直してもアラームは鳴り止みません。製品やサービスに関する詳細は、お気軽にお問い合わせください。

太陽光発電の関連資材をお求めなら【キャムズ】
会社名 株式会社キャムズ
住所 〒520-3223
滋賀県湖南市夏見1234
電話番号 0748-72-7800
FAX番号 0748-72-7801
URL http://cams.co.jp/
コンテンツリンク
Top