柵でしかやいのしし、猿、くまといった動物の対策をするなら

柵でしかやいのしし、猿、くまといった動物の対策をするなら

くまいのししといった動物の対策をするなら、【キャムズ】の獣害対策製品を活用してみませんか?

独自開発のWMパネルシステムは、住民施工が可能なワイヤーメッシュフェンスで、強度や耐久性に優れているのはもちろん、価格や設置といった点で取り入れやすいのが特徴です。動物の獣害対策だけではなく、太陽光発電所の外周フェンスなど様々な使い方ができます。

しかやいのしし、猿に適した対策のポイント

野生鳥獣による農作物の被害は、しか・いのしし・猿で全体の7割程度を占めます。これらの動物の生態に合わせた、より良い対策を行いましょう。

» しか

しかによる被害は最も多く、雑食で農作物だけではなくヒノキや笹、牧草、イネも好んで食べます。とても臆病ですが、何らかの対策を講じても、しばらく様子を伺って危害がないと分かれば農地に入り込んでくるため、馴れを起こさせないことが重要です。農山村では農作物より雑草を好むため、畑や田んぼにネットや柵で対策をするだけではなく、周辺の雑草を管理することも大切です。

» いのしし

いのししは本来平野の生き物であり、人家近くの里山に生息します。農作物は絶好の食料であり、食べ物が無いと人里に降りて農作物に被害をもたらします。トタンやネット、シートによる対策は飛び越えたり押し倒したり食い破ったりする可能性があり、剛毛と皮膚の厚さで有刺鉄線のトゲもあまり効果が期待できません。高さと網目の大きさに考慮したワイヤーメッシュなどがおすすめです。

» 猿

猿は森林で生活するのが一般的ですが、今では農耕地や市街地にも生活域を拡大してきています。行動域の範囲は一定しており、被害をもたらすのは特定の群れであることが多いです。猿は雑食で、特に栄養価が高く効率的にたくさん食べることができる食物を好むため、農作物は絶好のエサになります。感覚や学習能力も高いため、効果的な対策をするには維持管理をきちんとした電気柵が良いでしょう。

柵での動物対策に電気を用いたいとお考えの方

柵での動物対策に電気を用いたいとお考えの方

柵での動物対策に電気を用いたいとお考えの方は、【キャムズ】にお任せください。設置が初めての方でも分かりやすく、使いやすい資材を充実した品揃えで提案しています。

獣害にお悩みの方、柵を使った獣害対策をお考えの方など、多くのご相談をお待ちしております。

柵での動物対策なら【キャムズ
会社名 株式会社キャムズ
住所 〒520-3223
滋賀県湖南市夏見1234
電話番号 0748-72-7800
FAX番号 0748-72-7801
URL http://cams.co.jp/
コンテンツリンク