柵の設置で獣害対策をお考えの方

の設置で獣害対策をお考えの方は、ぜひ【キャムズ】へご相談ください。特にフェンスの開発に特化しており、専業メーカーとして安価でどなたでも簡単に施工できる製品として、WMパネルシステムを開発しました。

WMパネルシステムはお客様自身で容易に設置することができる獣害防止の柵であり、その他河川用の獣害防止とセーフティーネットの役割がある柵、赤外線センサーのトレイルカメラなど、獣害対策用の製品を豊富に取り扱っています。お客様が希望する対策に対して適切な提案をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

くまやいのしし、猿といった動物の獣害対策に電気を使った柵を設置する際のポイント

くまやいのしし、猿といった動物の獣害対策に電気を使った柵を設置する際のポイント

電気を使った柵の設置は、くまいのししといった動物の獣害対策に高い効果が期待できます。電気を用いるため、取り扱いや設置、維持管理はとても重要です。電気柵の本機から電線に電気が流されている状態で動物の鼻や体が触れ、動物の足から地面、地面からアース、アースから電気柵本機が繋がることで電気が流れ、ビリっとした痛みで動物を寄せつけない仕組みのため、しっかり電気が流れるように環境を整える必要があります。

守りたい田畑全体を囲むように設置するのはもちろんですが、傾斜地のすぐそばだと傾斜を利用して柵の上を飛び越えることもあるため、傾斜地からは2~3mほど離して設置します。草が触れて動物への電流が弱まったりバッテリー、電池の消耗を早くしたりする漏電を防ぐため、柵の周囲は草刈りを徹底します。また、柵の近くに背丈の高い草むらや藪があると動物の隠れ家となり、隠れながら余裕を持って柵や田畑を観察できるため、動物に観察させないためにも草刈りは大切なポイントの一つです。

柵による獣害対策で電気を用いるなら

柵による獣害対策で電気を用いるなら

柵による獣害対策で電気を用いるなら、【キャムズ】が提案する製品を活用してみてはいかがでしょうか。

電気柵用のワイヤーにはステンレス製やアルミ製、ストレートタイプやツイストタイプ、錫メッキ銅線とポリワイヤーのタイプがあり、ポリワイヤーは色のバリエーションも豊富です。その他グラスファイバーポールやポール用ピッククリップ、マルチステップポール、碍子、緊張具など、充実した品揃えで皆さまのご利用をお待ちしております。

柵の設置で獣害対策をお考えなら【キャムズ】
会社名 株式会社キャムズ
住所 〒520-3223
滋賀県湖南市夏見1234
電話番号 0748-72-7800
FAX番号 0748-72-7801
URL http://cams.co.jp/
コンテンツリンク