お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983

WMパネルシステム キャムズのワイヤーメッシュフェンス

 

キャムズWMパネルシステムのご紹介

キャムズWMパネルシステムの特長

キャムズプロジェクト(実験・試験)

WMパネルシステム オプションのご案内

WMパネルシステム製品一覧

太陽光発電所フェンス WMフェンス

 

WMフェンス・AEフェンスは、NETIS(国土交通省/新技術情報システム)登録製品(登録番号:KK-120024-A)

NETISとは?

 

 

住民施工のために開発されたキャムズのワイヤーメッシュフェンスです。
強度・耐久性に優れ、地域のみなさまで簡単に美しく設置ができるよう開発設計されています。

また、太陽光発電所のフェンスにも数多くご採用いただき、メガソーラーだけでなく、個人様が設置される場合は、DIYで設置できるため、大変ご好評をいただいております。

DIYで設置できるWMフェンスはこちらから

 

 

キャムズのワイヤーメッシュフェンス WMパネルシステムは、住民施工による害獣侵入防止柵の設置に取り組むお客様のご要望を受け開発・研究、改良を行って参りました。お客様のご要望は

 

WMPS_1 1) 地域のみなさまでの施工・設置が可能であること
(2) サビ痩せがなく耐久性に優れていること
(3) 風雪・害獣に対して強度に優れていること
(4) 現場への部材の搬入が容易であること
(5) 施工労力の軽減
(6) コストパフォーマンスに優れていること

上記をお伺いし、キャムズWMパネルシステム(住民施工可能ま獣害防止柵)が生まれました。

また、近年ではWMパネルシステムの施工性・耐久性・強度、優れたコストパフォーマンスのため、太陽光発電所フェンス、土地境界フェンス等、最上級の簡易防護柵として注目を集め、それぞれに適したアイデアや工夫、お客様のご要望を加え日々進化しています。

 

野生獣との「住み分け」に用いられる獣害防止柵は、ロールネットフェンス、樹脂製ネット、ホームセンターでも販売されているワイヤーメッシュフェンスなど、さまざまな種類がありますが、フェンス自体に強度が低いと、地盤の緩さや鹿・猪、降雪、蔓性植物などの力で簡単に倒れてしまい、費用と労力をかけた元の形状を崩してしまいます。
たった1日や数時間、形状を崩した柵から害獣は簡単に耕作地に侵入し、手間暇かけた作物は商品価値を失くし無残な姿になってしまいます。
施工の際も強度が低いと、補助支柱(控え柱・ネカセ)や緊張のためのワイヤーなどの副資材を必要とし、運搬や設置に労力と人件費の負担が大きくのしかかり、施工後のメンテナンスにも労力・費用がかかってしまいます。

キャムズWMパネルシステム(住民施工可能な獣害防止柵)は、フェンス自体に優れた強度・耐久性を持ち、シンプルな部材で低コスト、さらに、独自の設計によって、強度を最大限に引き出し、施工性を大幅にアップさせています。 また、施工後も美しさと低コストをキープします。

 

 

● フェンス幅2700mm・支柱間隔2500mmに
一般的な既製品(幅:2000mm)と比べて、1kmで100本の支柱削減が可能です。
材料費だけでなく、設置に大きな負担となる打設労力も大幅に軽減されました。

 

● 控え柱補助支柱などの副資材が不要
フェンス自体に強度がないと、勾配変化点や端部に補助支柱やワイヤー緊張を必要としますが、キャムズフェンスシリーズ(獣害防止柵)は、フェンス・支柱・結束線のシンプルな部材で副資材が不要、歩留りが高く(ロス少)、ここでも材料費だけでなく、技術を要するワイヤー緊張などの労力を軽減しています。また、BL(ベンダーリブライン)が景観を引き締め、美しいフォルムを描きます。

 

● 全長距離で算出が可能
設置前の材料費算出作業も副資材不要のため、全長距離で算出が可能です。現場での緻密な実測作業は不要です。

 

● たわみや揺れが少ない
運搬や搬入、設置の際の揺れやたわみが少なく、持ち運びが容易です。女性でも簡単に運ぶことができます。

 

下記ページをご覧ください。

フェンスの持ち方・運び方

キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-1 簡易強度・圧縮強度実験

 

● 施工後のメンテナンス
もちろん、この強度のため耐久性にも大変優れ、長期的にもメンテナンスの負担を軽減しています。

キャムズのWMパネルシステムは、材料費だけでなく、人件費の削減、施工労力、設置後のメンテナンスに至るまで大幅なコスト削減を可能にしています。

 

WMPS_2 WMPS_3 WMPS_4 WMPS_5

 

地域のみなさまの施工で、ひとりあたり(1日)で平均48m(約20本の支柱・19枚のフェンス)の設置をされています。
*WMフェンス 高さ2000mmの場合 運搬作業は含みません。
専門技術者でなくても、みなさまで簡単に美しく設置が可能です。キャムズの獣害防止柵は、農林水産省鳥獣被害防止総合対策交付金を受け、近畿・四国をはじめ多くの地域で設置されています。また、法人・個人農家、ゴルフ場、ドッグラン、太陽光発電所のフェンスなどに数多く起用されています。

 

 

 

キャムズWMパネルシステムの特長

 

WMPS_6 WMPS_7 WMPS_8 WMPS_9 WMPS_46
BL(ベンダーリブライン)
加工
後メッキ(後漬け・ドブ)
加工
支柱 Yポスト(Y型鋼支柱) 結束箇所と結束線 オプションのご案内

 

 

*意匠登録第1464358号 *BL(ベンダーリブライン)加工を施したワイヤーメッシュフェンス

フェンスに山折り加工を設け強度をアップ

このBL(ベンダーリブライン)加工は、ガードレールのデコボコ(ビーム)からヒントを得て、弊社が獣害防止柵の強度を上げるために採用しました。

このガードレールのビームは「強さ」が出るように折り曲げられています。

下のイラストを見てください。例えば、紙は何も折らないと立てることはできませんが、折り曲げると紙は立ち、折り曲げる回数が多いほど、しっかりと立ちます。ガードレールの鉄板の場合、折り曲げをつけるだけで162倍の強度を得る試験結果がでています。

 

WMPS_10 WMPS_11 WMPS_14 WMPS_12 WMPS_13
ガードレールのビーム BL加工(山折り) 折り曲げる山が多いほどしっかりと立ちます 立てかけてもフェンスはたままずに水平を保ちます。 女性の方でも持ち運びが可能です。

下記ページもぜひご覧ください。

フェンスの持ち方・運び方(動画)

キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-1 簡易強度・圧縮強度実験

キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-2 コーナー部強度実験

キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-6 鋼線の引張強度試験

 

 

 

フェンスは後メッキ加工を採用
切断部・溶接部にもしっかりメッキがかかり、優れた耐食性を発揮
メッキ付着量・溶接強度・耐久性は先メッキの約3倍

キャムズのワイヤーメッシュフェンスは、後メッキ加工を採用しています。後メッキ加工は、線材をフェンスに製品加工してからメッキ漕に漬けることで、鋼線の接合部や切断部の切り口にもしっかりメッキがかかり、溶融亜鉛メッキ加工の特徴である、保護皮膜と犠牲防食が作用され、優れた耐食性を発揮します。

 

 

後メッキ(後漬け・ドブ)加工と先メッキ加工の違い

WMPS_15

後メッキ加工

鋼線を溶接したあとにメッキ漕に漬けることで、鋼線の接合部分や切断部の切り口にもしっかりメッキがかかり、鉄の地金を腐食から厳重に守ります。
● 溶融亜鉛メッキ付着量:400g/㎡以上
● 耐用年数:(田園地帯)85.7年 (海岸地帯)34.7年

   
WMPS_16 先メッキ加工

鋼線の切断部の切り口はメッキがかかりませんでした。また、接合部分は接合の際にメッキが剥がれてしまい、サビの腐食は防げませんでした。

● 溶融亜鉛メッキ付着量:150g/㎡以上
● 耐用年数:(田園地帯)29.9年 (海岸地帯)12.2年

溶融亜鉛メッキ付着量について詳しくは下記ページをご覧下さい。

キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-4 溶融亜鉛メッキ試験 JIS H 0401

キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-5 溶接点せん断強度試験

 

溶融亜鉛メッキとは

WMPS_17

保護皮膜作用

サビを防ぐ「保護皮膜作用」は、亜鉛メッキの表面にできる亜鉛の酸化皮膜が、空気や水を通しにくい安定した性質を持っているため、サビにくくする作用です。

WMPS_18

犠牲防食作用

防食を防ぐ「犠牲防食作用」は、亜鉛メッキに傷が発生し地金が露出したとしても、傷の周囲の亜鉛が「鉄より先に溶け出して」電気化学的に保護するために鉄を腐食させない作用です。

 

先メッキ加工と後メッキ加工の作用

上記の犠牲防食は、2mm~4mmの傷、直径2mmの傷には作用されますが、それ以上になると犠牲防食は作用されません。線径2mmを超える先メッキ加工のフェンスでは、切断部の切り口からのサビや腐食は防げないのです。また、接合部においても、溶接の温度がメッキ加護の温度を超えるため、溶接部分のメッキは剥がれてしまいます。後メッキ加工されたキャムズのワイヤーメッシュフェンスは、溶融亜鉛メッキ加工の優れた作用を活かし、雨風や直射日光にさらされる大気中で優れた耐食性を発揮します。

 

 

 

 

打設しやすく強度があるY型鋼支柱
住民施工のために考案。先端の先鋭形状で簡単打設、足場設置不要

WMPS_19

● 先端は先鋭形状
先端の先鋭形状のため、土の抵抗を軽減しています。脚立などの足場設置が不要、先行抗を打つ必要もありません。おひとりでの打設が可能です。


Yポストの打設方法は下記より動画にてご覧いただけます。

Yポストの打設方法 

   
WMPS_8

●Y型形状
三方のリブで支柱の強度をアップ、鋼管支柱の難点であった、打設後の変形やパイプ内部のサビ、凍結による変形や破裂等の問題も回避します。また、Y型鋼のため、支柱キャップも不要です。溶融亜鉛メッキ付着量は600g/㎡以上

Yポストの溶融亜鉛メッキ付着量については下記ページにてご覧ください。
キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-4 溶融亜鉛メッキ試験 JIS H 0401

施工性と強度のバランス

鋼管支柱と比べて、施工性が良い支柱、鉄筋と比べて強度がある支柱を模索し、Yポスト(Y型鋼支柱)に辿り着きました。Y型鋼支柱は鋼管支柱に比べて、「強度が低い」と思われがちですが、キャムズフェンスは、フェンス自体に優れた強度があり、衝撃を分散するように設計されたキャムズ独自のパネル同士の結束が、BL(ベンダーリブライン)加工されたフェンスの強度と、Y型鋼支柱の強度を最大限に引き出しています。

 

下記ページもぜひご覧ください。

Yポスト打設方法(動画)

キャムズプロジェクト(実験・試験) TEST-2 コーナー部強度実験

 

 

 

 

パネル同士の結束(キャムズ推奨) 強度と施工性を最大限に引き出す結束箇所と結束線

WMPS_20

弊社独自設計のフェンス同士の結束箇所と柔軟性のあるステンレス製の結束線は、個々のフェンスを「1つの面」として強度を発揮し、1tを超える引っ張りにも耐えることができます。

● 1カ所の結束に熟練者で約3秒、初心者の方でも約8秒です。

下記ページもぜひご覧ください

キャムズWMフェンス施工方法(動画)

キャムズプロジェクト(実験試験・試験) TEST-3 結束の強度実験

 

WMパネルシステム オプションのご案内

キャムズプロジェクト実験・試験

 

Top