お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983

TEST-2 キャムズWMパネル コーナー部強度実験

 

コーナー部の強度

 

BL(ベンダーリブライン)加工によって増加したコーナー部の強度を比較実験しています。
 
2015(320)
     
     

2015(321)

 

2015(322)

湾曲開始 5kgf   湾曲開始 60kgf
フェンスは外側に向け湾曲し、下部に向けて湾曲は強くなっています。   支柱はやや湾曲していますが、Aと比べて傾きが抑えられています。(Aの約1.8倍の91.0kgfがかかっています。

(解説)
イノシシは鼻の力が非常に強く、成獣では50kg~60kg以上の重さを持ち上げることができるので、地盤が緩い場合などは簡単にイノシシの力で湾曲してしまいます。
湾曲し、柵が傾いた時にはフェンス下部に地盤との間に隙間ができてしまい侵入されてしまいます。湾曲によって低くなってしまった場合には、1.5m以上の障害物を越えることができるしかの侵入も許してしまいます。
また、施工後のメンテナンスも頻繁に行わなければなりません。

*左下の画像はフェンスが内側に湾曲してしまった場合

  (解説)
フェンス自体にBL加工を施し強度が増加しているため、91kgの力をしっかり受け止めています。(Aの約1.8倍の力がかかっています。)
フェンスと支柱にやや湾曲は見られますが、フェンスの強度が支柱の傾きをしっかり防止していることがわかります。
この強度のため害獣の衝撃や地盤の緩さからくる歪み、傾き、害獣の侵入をしっかり防ぎます。
また、フェンスへ後メッキ(ドブ・後漬け)加工のため、溶接強度、耐久性にも優れ、施工後のメンテナンスも大変楽になりました。

2015(323)

  2015(323)

 

 

 

 


 

TEST-1 キャムズWMパネル 簡易強度実験
TEST-3 キャムズWMパネル 結束の強度実験

TEST-4 キャムズWMパネルシステム 溶融亜鉛メッキ試験(JIH H 0401)

TEST-5 キャムズWMパネル 溶接点せん断強度試験 *後メッキ(ドブ・後漬け)加工

TEST-6 キャムズWMパネル 鋼線の引張強度試験 *後メッキ(ドブ・後漬け)加工

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top