お見積り 資料請求
獣害防止柵、太陽光発電所フェンスや侵入防止等の防護柵の製造販売 会社概要 / 採用情報 株式会社 キャムズ FaceBook 株式会社 キャムズ Twitter 株式会社 キャムズ YouTube 株式会社 キャムズ Instagram 株式会社 キャムズ Line

株式会社 キャムズ

0120-113983

TEST-5 キャムズWMパネル 溶接点せん断強度試験 *後メッキ(後漬け・ドブ)加工

 

実施日:2012年7月6日  検査場所:滋賀県東北部工業技術センター 
使用検査機械:オートグラフAG-250kNX(島津製作所) 
下記、データ数値は自社試験によるものです。

 

(JIS規格 JIS G 3551)

JIS H 2241に基づき、試験片を溶接金網の溶接点を含み十字に切り取り、万能材料試験機で上下方向に引っ張り最大荷重を測定しています。

 

2015(340)   2015(342) 2015(341)
  WMフェンスの溶接点のせん断の強さがJIS規格:JIS G 3551 の基準である250N/mm2を上回っていることを確認しました。
新技術(後メッキ):418.16496N/mm2
従来技術(先メッキ):266.82501N/mm2

 

 

供試体? 最大荷重(kN) 溶接点せん断強さ(N/mm2)

キャムズWMパネル

線径4.0mm(現行品)

(後メッキ加工)

5.13466 408.56329
5.10291 406.03695
5.13828 408.85133
5.64547 449.20828
平均 5.25533 518.16496

 

 

供試体 最大荷重(kN) 溶接点せん断強さ(N/mm2)

キャムズWMパネル

線径4.0mm(旧製品)

(先メッキ加工)

2.82459 224.75174
3.58836 285.52468
3.41686 271.87848
3.58359 285.14514
平均 3.35335 266.82501

 

 

(自社規格試験)

試験体である溶接金網を溶接点を含み十字に切り取り、交差する2本の鋼線の片端を45°ずつ曲げて万能材料試験機で上下に引っ張り最大荷重を測定しています。

2015(343)   2015(344)2015(345)
  JIS H 2441 よりも溶接点に過酷な条件の試験を社内規格として行いました。
そこでも後メッキ加工が先メッキ加工よりも約1.83倍上回る結果となりました。
新技術(後メッキ):26.65638N/mm2
従来技術(先メッキ):8.69178N/mm2

 

供試体? 最大荷重(kN) 溶接点せん断強さ(N/mm2)

キャムズWMパネル

線径4.0mm(現行品)

(後メッキ加工)

0.33474 26.63516
0.36987 29.43044
0.30041 23.90353
平均 0.33501 26.65638

 

供試体 最大荷重(kN) 溶接点せん断強さ(N/mm2)

キャムズWMパネル

線径4.0mm(旧製品)

(先メッキ加工)

0.19515 15.52802
0.18728 14.90181
0.16749 13.32713
平均 0.18331 14.58565

 

 

 


 

TEST-1 キャムズWMパネル 簡易強度実験

TEST-2 キャムズWMパネル コーナー部強度実験
TEST-3 キャムズWMパネル 結束の強度実験

TEST-4 キャムズWMパネルシステム 溶融亜鉛メッキ試験(JIH H 0401)

TEST-6 キャムズWMパネル 鋼線の引張強度試験 *後メッキ(ドブ・後漬け)加工

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top